東京都杉並区上荻1-7-3 プラネッツ7F 03-3398-1144

小児歯科

お子さんのお口を健康に保つには、早期治療、予防、定期検診が必要です。むし歯は自然に治る病気ではなく進行する病気です。早ければ早いほど治療は小さく短時間で終わります。初めのうちは嫌がるお子さんも多いですが、すぐに上手に治療が受けられるようになる場合がほとんどです。
予防としてフッ素塗布、ブラッシング指導や予防充填があります。これらを、3〜4か月ごとの定期検診時に行い、もしむし歯が見つかったときは早期に治療を行っていきます。

大学で小児歯科を専攻した者が診療にあたります。お子さんの歯の治療について、悩み・疑問があればご相談ください。

よくある相談

【萌え変わってくる永久歯の隙間が狭い、前歯が叢生(そうせい)の場合】

叢生とは歯がねじれたり、重なり合ったりして歯並びがでこぼこの状態になっていることで、乱杭歯(らんくいば)とも呼ばれています。
隙間の大きさや叢生の度合いによって処置は変わってきます。あと少し隙間があれば永久歯が萌えてこれるのに、あと少し隙間があれば前歯がきれいに並ぶのに、といった場合は乳歯を少し削って永久歯の生える隙間を確保します。
まったく隙間がない場合は装置を使って隙間を確保したり、歯をきれいに並べたりします。

【萌え替わった永久歯の前歯が受け口や出っ歯の場合】

装置を使うことが多くなります。装置の中にはリンガルアーチ・床装置などがあります。

【むし歯などで歯(乳歯、永久歯)がなくなった場合】

乳歯や永久歯が早期になくなった場合、その後のかみ合わせや歯並びに重大な問題を起こすことがあります(乳歯が早期になくなると、となりの歯が倒れてきて永久歯の萌える隙間がなくなる場合があります)。問題が起こらないように口の中の状態を保つことを保隙(ほげき)といいます。保隙には保隙装置を使い、クラウンループ・リンガルアーチ・床タイプなどがあります。

乳歯を抜いた時の対応

MT欠損1

 

 残念ながら乳歯を4本抜くことになりました

 

 

 

 

MT欠損2

 

 型をとって小児用の義歯を作ります

 

 

 

 

MT欠損3

 

 これで歯並びも悪くしないし、しっかり咬めます

 

 

 

 

乳歯のむし歯治療

MT虫歯

ごく初期のむし歯以外、いったんむし歯になると自然に治癒することはありません。
むし歯を放置すると痛みの原因にもなりますし、放置すると歯の根の先に膿がたまり、はぐきが腫れてきたり、膿が原因でその下の永久歯にも影響したり、歯がなくなった場合、永久歯の歯並びが悪くなることがあります。むし歯は小さい時に治療しましょう。小さいむし歯は通常、少し削って樹脂をつめるだけの一度の治療で済みます。むし歯も早期発見、早期治療が望ましいので定期検診を受けてください。また、むし歯にならないように、ハブラシによるブラッシングを行い、フッ素塗布や予防充填も有効です。

虫歯を放置してしまうと、乳歯でも銀歯になってしまいます。

MT銀歯

レーザー照射

レーザー1レーザー2

6才臼歯は名前の通り6歳頃に生えてくる奥歯です。ヒトの歯の中で一番大きな一番大事な歯です。当院では6歳臼歯にレーザー照射と高濃度のフッ素の塗布をお勧めしています。

フッ素塗布

生えた直後の乳歯・永久歯に効果的で、フッ素塗布をすると歯が強化されむし歯になりにくくなります。年に約2回、定期検診時に行うと良いでしょう。

ブラッシング指導

歯科衛生士によるブラッシング指導を行っており、ブラッシング終了後スコアチェックシートを差し上げています。親子で、はみがきの練習をしてむし歯にならないようにしましょう。

 

 

 

 

 

●●●歯科・岡村デンタル ALL RIGHTS RESERVED●●●

template by MakeHomepage&R-design
PR:ホームページ制作大阪 PR:法人保険 PR:経営者保険